MENU

奥手な女性の男性へのアプローチ法 〜あなたらしく自然に〜

好きな人がいるけれど、どんなふうにアプローチして良いのか分からない、あるいは、自分からアプローチなんて、そもそもできない! 

 

巷では、肉食女子が流行っているようですが、やはり女性の本質として、積極的に男性に近付くと言うのは、苦手な人が多いはず。

 

ここでは、そんな奥手な女性が、気になる男性に対して、飽くまでもさりげなく、上手に自分をアピールする方法を、紹介してみたいと思います。

 

■あえてボディータッチは控えて

男性に有効なアピールの方法として、ボディータッチはよく勧められている方法ですが、恥ずかしがり屋で奥手な女性の場合、あえてボディータッチはお勧めしません。

 

男性の中には、ボディータッチに、単純に喜ぶ人も勿論いますが、嬉しいと思う反面、俺だけじゃなく、誰にでもしているのかな、と、疑っている男性も少なからずいます。

 

これは、特に気持ちもないのに、軽々しく男性にボディータッチをする女性がいるからに他なりません。
男性は、警戒しているのです。
自分は相手に特別な感情を抱いたのに、相手にはその気がなかった、と知ることほど、男性にとって屈辱的なことはありませんから。

 

彼が素直に喜ぶタイプか、警戒するタイプか分からない以上、危険な賭けには出ないのが賢明。
もし、後者なら、彼があなたに抱いた警戒を解くという作業は、不器用なあなたにとって、ハードルが高すぎます。
それよりも、さりげない言葉で相手に自分の関心を伝えるほうが、確かです。
以下に、その例を二つほど挙げてみます。

 

■よく見ていることを知らせる

意中の彼と話す機会があった場合は、まず、何かピックアップしてその部分を褒めます。
例えば、「いつもお洒落ですよね」と、彼のファッションセンスを褒めるとします。

 

そして、「この間のネクタイも素敵でした」と以前のファッションについても、言及します。
アイテムは、服装でも、ハットやストールのような小物でも何でも構いません。
その時だけでなく、以前のファッションを褒めることで、刹那的におべんちゃらで褒めているのではなく、前々から私はあなたに注目している、つまりはあなたに関心がある、ということを相手に知らせるのです。

 

見られている、と意識することで、彼のあなたに対する関心も高まるでしょう。

 

■「さすが」作戦

彼との会話の中で、彼の意見や考え方を聞いた際に、「そういう考え方もあるんだ、さすが」というふうに、語尾に「さすが」をさり気なくつけてみましょう。

 

「さすが」というのは、過去の功績があってこそ成り立つ台詞です。
つまり、彼は、あなたが自分のことを以前から評価してくれていたんだ、と思い込むはず。
男性にとって、誰かに尊敬・信頼されることは、この上もなく嬉しいことなので、間違いなく良い気分になるでしょう。

 

自分を認めてくれているあなたに対して、好意を持つ可能性は高まります。

 

■おわりに

基本的に男性は、女性に対しては割と都合のよいように解釈をする生き物です。
ちょっと目が合っただけで、あいつ俺のこと好きなんじゃないか、と勘違いしているおめでたい、……というか、ほほえましい男性は結構います。

 

少しプッシュするだけで、男性はどんどん自分に良いように妄想を広げてくれるので、女性からのアピールと言っても、それほど力む必要はありません。

 

要は、男性が警戒を抱くような、露骨で不自然なことは避け、あなたらしく、上品で、誠実さの伝わるアプローチをすれば、きっと気持ちは相手に伝わるはずです。